12月15日[金]本場開催場外発売九州スポーツ杯
G3児島
G3びわこ
G3大村
宮島一般
住之江一般
若松一般
蒲郡一般
<九州スポーツ杯>優出選手インタビュー公開!インフォメーションをご覧ください。
第12R 優勝戦    
12月15日 締切

ご利用環境によっては、「裏実況放送」の読み込みに時間がかかる場合や、視聴できない場合があります。

優勝戦1号艇はV候補の作間章がゲット
「九州スポーツ杯」はいよいよ最終日。12Rでは準優勝戦を勝ち上がった6人で、優勝戦を争う。5日目に行われた準優勝戦は、10Rでトップバッターを務めた池田剛規が堂々の逃げ切り勝ちで、2着の林恵祐と福岡ワンツー。福岡支部109期の池田はデビュー7年目にして、念願の初優出を決めた。11Rの野沢大二は深川和仁に差し切られた上、2周1Mでも高山秀雄に逆転を許し、痛恨の3着で優出漏れ。12Rは作間章が危なげない運びでイン快勝。2着にはシリーズを盛り上げていた浜野孝志が入った。優勝戦のポールポジションを獲得した作間は、「調整が合っていなくても出ている」と実に頼もしく、今年3度目のVは有力だろう。ただ、ハイパワーの機力で初Vまで狙う池田、体重の不利を全く感じさせない林、伸びはトップ級の高山秀らも侮れない存在。ひと波乱がありそうなムードも漂うので、見応えたっぷりのファイナルとなった。地元の蒲原健太が最終日のみ追加参戦する。 




  
   
コピーライト リンクコーナー プライバシーポリシー 推奨環境 ご意見・お問い合わせ