10月25日[土]本場開催場外発売G3第15回酒の聚楽太閤杯若松一般(リレーナイター)丸亀ヴィーナスシリーズ(リレーナイター)
10月から『朝ドキ!からつ』が変わります!朝の新企画レースがスタート!詳しくはインフォメーションをご覧ください。
第1R 一般戦    
10月26日 電投締切予定時刻 08:51
優勝戦の絶好枠はSG覇者の平石和男が射止める
G掘崑茖隠飢鷦鬚嶺楹畋盛淒奸廚裡菊目は、緩やかな追い風の中で準優勝戦が行われた。108期生の佐藤大騎の初優出にも注目が集まっていた10Rは三宅潤がレース足の良さを駆使してイン速攻で押し切った。佐藤は舟足下降気味で5着に敗れた。11Rは準優進出戦で芝田浩治に差し切られていた平石和男が、今度は差し返してリベンジに成功。優勝戦の1号艇をゲットした。12Rは松田祐季がトップスタートから危なげなく押し切った。優勝戦はSGウイナーの平石がインにどっかり構える。準優は調整がしっくり来ていなかったようだが、それでも行き足は強め。昨年6月の地元戸田一般戦を最後に優勝から遠ざかっているが、スタートさえ決まればVゴールを駆け抜けそうだ。レース巧者の松田と芝田はともに上位に近い仕上がりで平石にとっては強敵となるが、注目は3号艇の三宅潤。今回で7回目の優勝戦進出になるが、初優出は2008年5月の当地一般戦。まだ優勝はない三宅は「からつは初めて優出したレース場。酒は嫌いではないので頑張りたい」と、優勝者に副賞として贈られる鳴滝酒造「聚楽太閤大吟醸酒」に目を輝かせている。乗り心地が抜群にいいだけに金星を挙げる可能性は決して低くはない。別府昌樹は依然としてペラ調整に苦戦中だが、平田健之佑は伸びがいいだけに高配当の使者となるかも。からつで年に1回の企業杯も大詰めを迎えるが、森脇徹、上野秀和、寺嶋雄、大古場貴、中島昂章らは気配上々で最終日のレースぶりから目が離せない。




  
コピーライト リンクコーナー プライバシーポリシー 推奨環境 ご意見・お問い合わせ